わかりやすい介護保険・介護サービスの解説、介護事業の始め方など、介護保険に関する情報サイト

介護保険の保険証

介護保険の保険証(介護保険被保険者証)は、介護保険の被保険者であるという証明書であると同時に、介護サービスを利用するために必要な事項が記載されています。内容をしっかり確認し、大切に保管しましょう。

介護保険の被保険者証は、被保険者1人ずつに各1枚の保険証が発行されます。

保険証が交付されるとき

65歳以上の人(第1号被保険者)

新たに65歳になる人には、65歳に到達した月に交付されます。(1日生まれの人は前月交付されます。)

40~64歳の人(第2号被保険者)

特定疾病に該当する方が要介護・要支援の認定を受けたときに交付されます。

記載内容に変更があったとき

要介護・要支援認定申請をして認定結果がでたとき。居宅介護支援事業所等が変わったとき。被保険者証の住所が変わったとき。

保険証はこんなときに使います

保険証は、要介護認定の申請やサービスを利用するときなど、介護サービスの利用にはかかせないものです。忘れずに提示しましょう。

要介護認定の申請

介護が必要となり、役所へ要介護認定の申請をするときに提出します。

介護サービス計画の作成

事業者に介護サービス計画の作成を依頼するときに事業者へ提出します。

介護サービスの利用

在宅サービス、施設サービスを利用するときは、事業者や施設に提示します。