わかりやすい介護保険・介護サービスの解説、介護事業の始め方など、介護保険に関する情報サイト

サービス利用の流れ

介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定の申請が必要です。

1 電話等で相談

市町村等の福祉窓口に相談します。

2 要介護認定の申請

本人または家族等が市区町村に申請します。

3 訪問調査

市区町村職員がご自宅を訪問して調査。

4 認定結果通知

介護が必要と判定された場合

介護給付・予防給付を受けることができます。

・サービス計画作成→事業者と契約→サービス開始

介護が不要と判定された場合

介護が不要と判定された場合でも、介護・要支援となるおそれがあるとの判定(特定高齢者)の場合は、地域支援事業の介護予防を受けることができます。

・ケアプラン作成→介護予防プログラム

要介護認定と介護予防

介護保険のサービス(給付)を受けるためには、まず、要介護認定を受けることになります。ここれで「要介護」と判定された方には介護給付が、「要支援」と判定された方には予防給付が提供されます。

「非該当」という判定であった方にも、要介護・要支援になるおそれがあれば、介護予防のプログラム(特定高齢者介護予防事業)が提供されます。年1回の健診等を通じて、要介護・要支援になるおそれがないかどうか定期的なチェックが行われます。

この他、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、総合相談・支援や権利擁護も行われています。

介護保険制度は、介護を必要とする状態となっても、自立した生活ができるよう、高齢者の介護を国民みんなで支える仕組みです。そしてまた、できるだけ従来の生活が続けられるように、介護予防を通じて支援する仕組みでもあります。