わかりやすい介護保険・介護サービスの解説、介護事業の始め方など、介護保険に関する情報サイト

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

グループホームとは、認知症高齢者の方が少人数(5人~9人)で、介護スタッフとともに共同生活する介護サービスであり、居住施設です。

地域密着型サービスの「認知症対応型共同生活介護」にあたるもので、「認知症グループホーム」とも呼ばれます。通常の住宅と同じような環境、家庭的な環境での共同生活となります。

グループホームでは、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフや他の利用者と共同で行います。これら食事や掃除など、日常生活における動作を生活リハビリと言います。グループホームでは、この生活リハビリを通じて家庭的な環境で生活を送ることにより、認知症の進行を穏やかにすることを目的としています。

利用者には原則として個室が与えられ、自宅の一室のように自由にコーディネートできるようになっています。